忍者ブログ
チェロ、音楽、考え、演奏活動、日記、他
[25] [24] [23] [22] [21] [20] [19] [18] [17] [16] [15]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



この前の1月23日に、サントリーホールにて、「チェロの日」というイベントがありました。
このイベントは日本チェロ協会が主催してまして、今回が記念すべき第1回。
アマチュアからプロのチェリスト、また更にはチェロを弾かない人も集まって(まぁ、チェロが好きな人・・・ということです)、皆でチェロを楽しみましょう!という企画でした。
有名な大御所として、堤先生、山崎先生、堀先生、倉田先生がいらっしゃいました。

今回は、チェロアンサンブルというのがテーマでして、僕は恐れ多くもビギナーズのコーチとして参加させていただきました。
さらに恐れ多くも、オープニングにソロ曲を一曲演奏させていただきました。
オープニングなので「プレリュードを弾いてくれ」と言われてて、「バッハ?」とも聞かれたのですが、
そんな、大御所の先生方の前でバッハは・・・(汗)。
ということで、カサドの無伴奏組曲のプレリュードを弾かせていただきました。
聴衆はチェロの音には誰よりも真剣な方々なので、とても緊張しましたが、とても心温かい雰囲気に包まれ、最後には緊張もほぐれ、楽しんで弾くことができました。

その後、ビギナーズのアンサンブルや、グループ参加の方々の演奏を聴いて、一音一音に、「こういうチェロの音が出したい!」という強い思いで演奏しており、その説得力の強い音に心打たれました。
ビギナーズ集まった人達は、チェロを初めて2~3年の人が多く、1年未満や5年ほど弾いていた方もいました。
関東圏の人がほとんどでしたが、新潟県から来た方もいらして、この日を楽しみにして来られたのが強く伝わりました。
そして、皆さん、楽譜を前にした時の集中力が凄い!!

途中で、サプライズとして、遠藤真理さんがいらっしゃって、文楽を弾いてくださいました。
彼女とは同い年で、まだ2回ほどしか会ったことがなかったのですが(たしか1回はベルリンで会ったかな?)、
今回色々とお話ができて、さばさばしてて、とても楽しい方だったです(笑)。
演奏は、それはもう素晴らしく、一音一音の深みに驚かされました。

その後、先生方の演奏や全員合奏もあり、長くなってしまうので、今回はここまでで、また時間を見つけて書かせていただきたいと思います。
PR



コメント
無題
うわ~、うちの生徒さんが行かれてました。。
そんな巨大なイべントだったんですね。
今度、お話聞いてみます。
有難うございました。
お疲れ様でした!!。
【2010/01/26 16:07】 NAME[ebi] WEBLINK[] EDIT[]
お世話になりました
フンクでご指導いただきました。カサドは、温かみ、包容力、音の芯、三次元的広がり、ホイヘンスの原理・・・拝聴しながらイメージが言葉になって渦巻いていました。北ドイツの音と申し上げたら失礼でしょうか?演奏会、楽しみにしています。
【2010/01/26 21:21】 NAME[BergK] WEBLINK[] EDIT[]
ありがとうございます。
ebi様
あれ、お弟子さんがいらしてたんですか?
じゃあ少なくとも、全体合奏で御一緒に演奏してますね。
山崎先生は素敵でした!!

BergK様
こちらこそ、とても楽しい思いをさせていただき、ありがとうございました。
フンクでは、僕の力不足を、皆さんの温かさで助けて頂き、ものすごく勉強になりました。
また御一緒に演奏できるのを楽しみにしています。
演奏会、ぜひぜひ来てくださいね!!

【2010/01/26 22:52】 NAME[yuya] WEBLINK[] EDIT[]
ありがとうございました
幸田さま

ステージサイドでお世話になりましたわたなべです。本当に素晴らしい演奏と、ご指導をありがとうございました。袖で幸田先生の演奏を伺っていて、本当にワクワクしていました。色々と無茶ぶりなことも多かったと思いますが、ご容赦頂ければと思います。

私もチェリストの端くれとして、幸田さまの更なるご活躍を楽しみにしております。今後ともよろしくお願い致します。
【2010/01/27 00:32】 NAME[rwatanabe] WEBLINK[] EDIT[]
聴きたかった
ぜひ聴きたかったですね。こういうイベントがあることを知りませんでした。まぁ、一般の人が入れたかどうかはわかりませんが。
TVあるいはFMでのオンエアーとか予定がありませんですか?あるいは、YouTubeでの公開とか?皆さんが、オープンになることを好まないのでしたらしょうがないですが、、
【2010/01/27 02:21】 NAME[Shige-chan] WEBLINK[URL] EDIT[]
無題
rwatanabe様
こちらこそ、大変お世話になりました。
第1回として色々大変だったと思いますが、素晴らしいサポートをして頂いたおかげで、僕は安心して演奏することが出来ました。
それは、遠藤さんも先生方も同じ気持ちだと思います。
この素晴らしい企画を長く続けられるよう、応援しております。
ありがとうございました。

Shige-chan様
ちゃんと前もって公開してなければいけませんでした。申し訳ございません。
来年も行われるそうですので、その時は是非お知らせさせて頂きたいと思います。
チェロが好きな人の集まりですので、演奏されない方も沢山いらしてました。
TVは入っていなかったので、公開されているかはちょっと・・・。
でもわかりませんが、誰かビデオで撮っていたかもしれませんね。
【2010/01/27 20:36】 NAME[yuya] WEBLINK[] EDIT[]
チェロの日
幸田さん
こちらのサイトで内容が少し見れました。
http://cello.weblogs.jp/goshu/cat500846/
これを見るとやはり私のようなクラシック音楽をあまり知らない人間にはい行きづらかったですね。
ステージもなく同じフロアー(土俵の上で)で演奏し、回りで聴いていた感じですね。でもすぐそばで、聴けるので最高の贅沢だと思います。
来年までには、もう少しクラシック音楽を理解していると思いますので、ぜひイベントをお知らせください。
【2010/01/31 16:00】 NAME[Shige-chan] WEBLINK[URL] EDIT[]
チェロの会に
ぜひぜひ、いらしてください!
知識なんて、関係ありません!
実際に肌で音楽を感じて頂くだけで、僕ら演奏家は嬉しいのですから。
楽しんでいただけるようなコンサートを目指して、頑張っていきたいと思います。
【2010/02/01 00:16】 NAME[yuya] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター
プロフィール
HN:
幸田有哉 (Yuya Koda)
性別:
男性
職業:
チェリスト
自己紹介:
5才よりチェロを始める。桐朋女子高等学校音楽科(共学)及び桐朋学園大学カレッジディプロムコース修了。ドイツに留学し、アウグスブルク音楽大学を経て、ベルリン藝術大学及び同大学院卒業。
第10回イタリア・アルジェント国際コンクール第2位入賞。第3回ポーランド・ドホミレツキ国際ソロチェロコンクールセミファイナリスト。
サイトウキネン「若い人のための室内楽勉強会」、小澤征爾音楽塾などに参加。ドイツ・コレルリ室内オーケストラと共演。ドイツ・ディプロム及びドイツ国家演奏家資格取得。
これまでにチェロを毛利伯郎、マルクス・ワーグナー、アレクサンドラ・ミュラー、マルクス・ニコシュに師事。
ダヴィド・ゲリンガス、トゥルス・スヴァーネ、マーティン・ルーアのマスタークラスを受講。
室内楽をリディア・ドゥブルスカヤ、マルクス・ベッカー、クシシトフ・ヴェグジン、パスカル・ドヴァイヨン、ハイメ・ミュラー、エカルト・ルンゲに師事。
2009年、日本に帰国。
2010年から名古屋フィルハーモニー交響楽団チェロ奏者。


<演奏会情報>

チケットのお問い合わせは
violoncellostory@yahoo.co.jpまで


2011.3.23.18:45
名古屋フランス音楽研究会特別公演「ピアノソロと室内楽の夕べ」
ピアノ:カザボン田島三保子、竹中勇記彦 ヴァイオリン:竹田千波 ヴィオラ:中村暢宏
曲目:ソロ作品、フォーレのピアノ四重奏曲
前売:3000円
当日:3500円

2011.4.2.19:00
「西風満紀子の音楽」
東京・門仲天井ホール
ギター:山田岳 ピアノ:伊藤憲孝 他
曲目:ギターとピアノとチェロのためのtri 他
前売:2000円
当日:2500円
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新トラックバック
最新コメント
[11/12 久保摩耶子]
[04/19 石田 隆・久子]
[02/01 yuko]
[12/05 sakurako]
[11/28 yuya]
フリーエリア
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]